東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月1週間または2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


9月上映会
告白小説、その結末 <公式HP>
9月15日(土)~9月28日(金)
◆10:00/20:30
※15日と22日の土曜日は8:00/10:00/20:30
※8:00は一律千円



作品情報
製作年度2017年 | 製作国:フランス・ベルギー・ポーランド| 上映時間:1時間40分
フランス語

■原作:デルフィーヌ・ド・ヴィガン「デルフィーヌの友情」(水声社刊)
■監督・脚本:ロマン・ポランスキー
■脚本:オリヴィエ・アサイヤス
■撮影:パヴェラ・エデルマン
■出演:エマニュエル・セニエ、エヴァ・グリーン、ヴァンサン・ペレーズほか

ストーリー
 人気作家デルフィーヌ・デリューは、ベストセラーになった私小説のサイン会で疲れきっていた。頭の中は次回作への不安でいっぱいなのだ。そこへ彼女の大ファンだという美女が現れる。名前を訊ねると「エル」だと言う。ELLE(エル)=彼女。デルフィーヌは不思議に思うが、その夜のパーティーで、自分の小説を絶賛するエルと会話がはずむ。
数日後、新作のアイデアが浮かばず、苛立つデルフィーヌのもとに、悪質な中傷の手紙が届く。その直後、先日のエルから電話がかかる。彼女に勇気づけられ心が晴れたデルフィーヌは、会って間もない彼女をすっかり信用してしまう。
しかし、スランプは益々ひどくなる一方だった。互いの仕事を尊重して別居中の夫も、こればかりは手助けできない。そんなある日、エルが向かいのアパートに引っ越して来る。
有名人のゴーストライターだという彼女は、作家の仕事を理解し、テキパキとデルフィーヌの秘書の役目を果たしてゆくが、同時に不可解なことも次々起こるようになる。 
エルは一体何者なのか。何のためにデルフィーヌに近づいてきたのか。
ロマン・ポランスキー監督が原作に忠実に描く、2人の女の執念と情念。
予想外のラストまで一瞬たりとも目が離せない、華麗なるサスペンス。


Kozのお勧め
バーベット・シュローダー監督の「ルームメイト」(1992)やロブ・ライナー監督の「ミザリー」(1990)を彷彿させる。エヴァ・グリーンが演ずるエルの妖婉な美しさは魔力だ。だがその孤独を知ると、身体がきしむほど切ない。







上映予告
10/13(土)~10/26(金) 11/10(土)~11/23(金) 12/15(土)~12/28(金)

判決、ふたつの希望

悲しみに、こんにちは

おかえり、ブルゴーニュへ





Copyright©2012-2018 東座 All Rights Reserved.