東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月1週間または2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


2月上映会
人生はシネマティック <公式HP>
2月10日(土)~2月23日(金)
◆10:00/20:30


作品情報
製作年度:2016年 | 製作国:イギリス | 上映時間:1時間57分 英語

監督:ロネ・シェルフィグ
出演:ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ、ジェレミー・アイアンズほか

ストーリー
 1940年、第二次世界大戦下のロンドン。ドイツ軍の空爆が激しくなる中、イギリス政府は国民の戦意高揚を狙い、プロパガンダ映画を製作し始める。しかし、多くの男性たちが戦場に駆り出されているため、スタッフが足りない。そこで、コピーライターの秘書として働いていたカトリンに白羽の矢が当たり、彼女は未経験にもかかわらず新作の脚本書きを手伝うことになる。
カトリンが依頼されたのは「ダンケルクの戦い」で、イギリス兵を救うため、父親の漁船で海岸に向かった双子の姉妹の物語。慣れない仕事だが、スペイン戦争で足を負傷した夫との暮らしのために、どうしても成功させなくてはならない。カトリンはプロダクションの先輩2人に指導されながら必死にタイプライターを叩く。

政府の要望や検閲にうんざりしながらも製作は進行し、やがて配役も決まる。しかしデヴォンで始まった撮影は、役者のわがままや政府の横やりで難航し、カトリンも振り回される。


Kozのお勧め
 はじめての脚本に挑むカトリンの、意気込みと戸惑い、焦りが手に取るようにわかる。
政府の命令で変更を余儀なくされる映画人たちの苦闘を、ユーモラスに描いた脚本がいい。そのゆとりを強調しているのが名優ビル・ナイ。どんな映画も、彼が登場するとほっとする。当時の衣装、街の色、風の匂いまで伝わる美しい映像。戦時下でも、恋に音楽、ダンスを楽しみ笑い合う、死と隣り合わせの刹那を、精一杯生きる人々を讃えたい。







上映予告
3/10(土)~3/30(金)3週間 4/14(土)~4/27(金) 5/12(土)~5/25(金)

女の一生

ベロニカとの記憶

ナチュラルウーマン





Copyright©2012-2018 東座 All Rights Reserved.