東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


5月上映会
マイ・ブックショップ <公式HP>
5月11日(土)~5月24日(金)
◆10:00/20:30 ※5/11,18の土曜日は8:00/10:00/20:30 (8:00は一律千円)


作品情報
☆2018年ゴヤ賞12部門ノミネート
☆2018年ガウディ賞12部門ノミネート
☆2018年ベルリン国際映画祭ベリナーレ・スペシャル部門出品

■原作:英ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルド著「ブックショップ」
■監督・脚本:イザベル・コイシェ
■出演:エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソンほか

ストーリー
 1959年イギリス。小さな港町に戦争で夫を亡くしたフローレンスがやってくる。かつて書店が一軒もなかったこの町で、書店を開くのが夫との夢だった。フローレンスは空き家になっている古い家を買い取り開店に向けて準備を始める。しかし町の有力者ガマート夫人は、彼女をよそ者扱いした上、書店の開店に猛反対。姑息な手を使い邪魔をする。
しかしフローレンスは毅然と立ち向かい、本の注文に入る。そんな彼女の唯一の味方は、40年も屋敷にこもり読書に明け暮れる老紳士ブランディッシュ。フローレンスが送ったレイ・ブラッドベリの「華氏451度」を気に入った彼は、それを機に多くの本を注文し、彼女の後押しをするようになった。やがて店はオープンし、話題の「ロリータ」も評判を呼んで、行列ができるほど盛況となるが、ガマート夫人は政治的な力を利用し、店を潰そうと画策する。


Kozのお勧め
 フローレンスに扮したエミリー・モーティマーの、愛らしさと凛々しさが共存する佇まいは、原作そのもの。ビル・ナイトのぎこちなさが見えるやりとりも新鮮で心地よい。
彼女が身にまとう衣装や、店の内装の配色はダークグリーンとブラウンで、書棚に並ぶ本とマッチして美しい。紙とインクの匂いが漂って来そうな店内、お手伝いする少女の佇まいもキュート。本と同様に、大切に丁寧に上映したい秀作です。







上映予告
6/8(土)~6/21(金) 日程調整中 9/14(土)~9/27(金)

たちあがる女

RBG 最強の85歳

風をつかまえた少年





Copyright©2012-2019 東座 All Rights Reserved.