東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


2月上映会
ジュリアン <公式HP>
2月9日(土)~2月22日(金)
◆10:00/20:30


作品情報
☆☆☆ヴェネチア国際映画祭 監督賞☆☆☆

製作年度2017年 | 製作国:フランス| 上映時間:1時間33分 フランス語

■監督・脚本:グザヴィエ・ルグラン
■出演:レア・ドリュッケール、ドゥ二・メノーシェ、トーマス・ジオリアほか

ストーリー
 「すべてを失う前に」でアカデミー賞短編部門にノミネートされたグザヴィエ・ルグランの長編デビュー作。テーマは前作と同様「家庭内暴力の犠牲になった子どもの心」。

 夫の暴力により離婚が成立した夫婦の長男ジュリアンは、姉と共に母親と暮らすことになるが、親権が共同となったために、隔週の週末を父親と過ごさなくてはならなくなる。
母親は、夫から身を隠し、連絡先も教えたくないという。だが父親は、寂しさから、もう一度やり直したいと望み、ジュリアンに電話番号を尋ねるが、彼は頑なに答えない。
会うたび嘘をつくことになったジュリアンに対し父親は苛立ちを募らせ、生まれ変わったと口では言いながら、裏腹の行動を取るようになる。


Kozのお勧め
 冒頭からラストまで、張り詰めた緊張感が緩むことがない。世界中に今もはびこるDVの元凶は、そのほとんどが、自分勝手で稚拙な男の短気だが、往往にして彼らは寂しがり屋で気が小さい。不平不満の矛先を、腕力では弱い女に向け、暴力や暴言で発散させた後は、わずかな良心でおとなしくなるが、それは後悔であって反省しているわけではない。DV男と縁を切るには、逃げるが勝ち。ジュリアンの母がとった行動は正しい。
しかし、こんな愚かな男のために苦しめられるのは常に子供だ。辛くても母親を守ろうと必死なジュリアンの心情が、新人トーマス・ジオリアの強い眼差しから伝わり、胸が締めつけられる。サスペンスタッチの展開の中、ジュリアンの強さと心の成長に救われる。







上映予告
3/9(土)~3/29(金) 4/13(土)~4/26(金) 5/11(土)~5/24(金)

彼が愛したケーキ職人

ともしび

マイ・ブックショップ
6/8(土)~6/21(金)

たちあがる女





Copyright©2012-2019 東座 All Rights Reserved.