東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


20:30以降のレイトショウ料金を一律1,100円にいたしました。お電話でご予約ください。


3月上映会
声優夫婦の甘くない生活 <公式HP>
3月13日(土)~3月26日(金)
◆10:00/20:30
※3/13と3/20の土曜日は早朝8:00のグッドモーニングショウあり(一律千円)
※20:30の回は電話予約で1,100円



作品情報
製作年度2019年 | 製作国:イスラエル| 上映時間:1時間28分
ロシア語・ヘブライ語
■監督・脚本:エフゲニー・ルーマン
■出演:ウラジミール・フリードマン、マリア・ベルキン、エヴェリン・ハゴエル、アレキサンダー・センドロヴィッチほか

ストーリー
 生誕100周年を迎えたイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督に最大のオマージュを捧げて作られた。
 1990年9月。ソ連で声優として活躍していたロシア系ユダヤ人夫婦のヴィクトルとラヤは、「鉄のカーテン」が崩壊したソ連を後にしてイスラエルに入国する。聖地での新しい人生に希望を抱いた二人だが、イスラエルにはロシア語声優の需要はなく、ヘブライ語を学びながら別の仕事を探す羽目になる。
ラヤは割りの良い「声」の仕事を見つけるが、それはとても夫には言えないテレフォンセックスの応対だった。
しかし背に腹は替えられない。ヴィクトルには「電話で香水を売る」仕事と偽り、ラヤは足取り重く、女性社長が仕切るオフィスに出かけて行った。ところがいざ始めてみると、相手は気の弱い優しい男性ばかり。演ずることはお手の物、とラヤは二十代から年増まで声で演じ分けてお得意さんを増やしてゆく。
一方、ヴィクトルは声優の仕事にしがみつき、映画館で盗撮した映画を吹き替えるという違法な依頼を引き受けていた。


Kozのお勧め
 「フセインによる化学兵器の脅威」という社会背景のもと、熟年夫婦の危機と、声優業の誇りと喜びが繊細に描かれる。「他人のセリフなら上手く言えるのに、自分の心は伝えられない」彼らは、吹き替えから離れて初めて本音を語り始める。行動力があり前向きな妻と、過去にこだわる臆病な夫。普遍的とも言える夫婦の姿に苦笑い。演ずるベテラン俳優たちの素朴で自然な表現力に感服する。
海賊版のロシア語吹き替えビデオを見て育ったというイスラエルの監督エフゲニー・ルーマンは、親世代の社会を喜劇として映し出したいと本作に挑んだという。

☆劇中登場する名作映画は「ローマ休日」「波止場」「スパルタカス」「クレイマー、クレイマー」
「カリビアの夜」「8 1/2」「ボイス・オブ・ムーン」。まるでヴィクトルとラヤ夫婦の軌跡を示唆するようなラインナップ だ。







上映予告
3/13(土)~3/25(木) 4/10(土)~4/23(金) 5/8(土)~5/21(金)

声優夫婦の甘くない生活

パリの調香師

ブータン山の教室
6/12(土)~6/25(金) 7/10(土)~7/23(金)

ペトルーニャに祝福を

サンドラの小さな家





Copyright©2012-2021 東座 All Rights Reserved.