東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月1週間または2週間上映しています~

6月上映会
未来よ こんにちは <公式HP>
6月10日(土)~6月23日(金)
10:00/20:45
※今回レイトショーは一般¥1,100 会員は¥1,000です。
※10日と17日の土曜日のみ8:00のグッドモーニングショウ(どなたも千円)あり



作品情報
☆ 第66回ベルリン国際映画祭監督賞(銀熊賞)受賞
☆ 第82回ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞受賞
☆ 第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞受賞

製作年度:2016年 | 製作国:フランス・ドイツ | 上映時間:1時間42分 | フランス語
監督・脚本:ミア・ハンセン=ラヴ
出演:イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブほか

ストーリー
 ナタリーは50代後半。パリの高校で哲学を教える教師だ。同じく教師の夫と、独立した2人の子どもがいる。高齢の母親は病気がちで介護が必要だが、つききりで世話をするほどではなく、ナタリーは今の暮らしに満足していた。
ところが夏のバカンスシーズンを前に、突然夫が「好きな人ができた、別れてほしい」と告白。唖然としつつ離婚を余儀なくされ、間もなく母親も他界。書籍出版の話も頓挫して、一気に孤独な環境に追い込まれる。しかし彼女は哲学のプロ。「孤独」や「時」は残酷ではあるが、おかげで「自由」が手に入る、輝く未来があるはずと、心を整え立ち上がるが……。


©2016 CG Cinéma · Arte France Cinéma · DetailFilm · Rhône-Alpes Cinéma

Kozのお勧め
 ナタリーの孤独感が身に沁みる。だが彼女が教える幸福感と人生論に勇気をもらう。
ダメな時はダメ、不運は不運を呼んでくると、ナタリーの夏に自分の経験を重ねながら、淡々と生きることの味わい深さを感じとる。ユペールの、ユーモアとペーソスを盛り込んで丸ごとナタリーを生きている自然体の演技に感服。彼女に対する信頼感が作品の価値をさらに上げる。人生の断捨離をしていくナタリーの生き方、たたずまいにあこがれる。







上映予告
7/15(土)~7/28(金) 8/12(土)~25(金) 9/9(土)~9/22(金)

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由

20センチュリー・ウーマン

ヒトラーへの285枚の葉書





Copyright©2012-2017 東座 All Rights Reserved.