東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画を毎月2週間上映しています~


FROM EAST上映会の入場料は、東座・秀作上映と異なりますので事前にご確認下さい。


20:30以降のレイトショウ料金を一律1,100円にいたしました。お電話でご予約ください。


10月上映会
大地と白い雲
原題:自云之下
<公式HP>
10月9日(土)~10月22日(金)
◆10:10/20:30
※9日と16日の土曜日は8:00のグッドモーニングショウあり(一律千円)
※20:30の回は電話予約で1,100円



作品情報
☆☆☆2019年東京国際映画祭コンペティション部門最優秀芸術貢献賞
☆☆☆2020年金鶏賞 最優秀監督賞

製作年度2019年 | 製作国:中国
| 上映時間:1時間51分 中国・モンゴル語
■原作:「羊飼いの女」漠月
■監督:ワン・ルイ

■出演: ポリチハン・ジリムトゥ、タナ、ほか

ストーリー
  ワン・ルイ監督が過去の痛みに向き合い、亡き妻に捧げた物語。
若き夫婦チョクトとサロールは、内モンゴルのフルンボイル草原にゲルを建て牧羊業で暮らしていた。果てしなく広がる青い空と緑の草原、広大な川のほとりで馬を走らせ、日の出とともに目覚め自然と共存して生きる暮らしに、妻のサロールは満足している。しかし夫のチョクトは、羊を売りに街に出るたび、何日も帰らず、電話のない暮らしの中で、サロールは常にやきもきしていた。
ある日家に戻ったチョクトは、ここを出て都会で暮らそうとサロールに持ちかける。
外の世界との交流で、賑やかな繁華街や便利な店が並ぶ通りに魅せられ、チョクトはここより楽しい暮らしができると言うのだ。
しかしサロールは、全く動じない。
数日後、馬より速くて荷物を運べるからと、チョクトは街に中古車を買いに行く。
しかしその晩、廃車を拾ってきたチョクトにサロールは怒りを爆発し、2人の大切な未来を失ってしまう。
この日から、チョクトは妻とこの地で暮らして行こうと決意を新たにするのだが遊牧民の血が騒ぐのか、頭の中は街へ出ることでいっぱいになる。


Kozのお勧め
 もともと男は遊牧民であり狩猟民族。大地に根を下ろし愛する人と穏やかに暮らしたいと妻は願うが、夫は気もそぞろ、外に出たくてたまらないのは本能かもしれない。
妻を演ずるタナはモンゴル民謡の歌手で、後半、その美声をたっぷり聴かせてくれる。
チョクトが買ってきたスマホに向かい、照れながら夫への本心を口にする笑顔が初々しい。
モンゴル平原の息を呑む美しさに加えて、清潔感溢れる彼女の一挙手一投足を見ていると心が洗われる。







上映予告
10/9(土)~10/22(金) 11/13(土)~11/26(金) 12/11(土)~12/24(金)

大地と白い雲

アイダよ、何処へ?

グレタ、ひとりぼっちの挑戦





Copyright©2012-2021 東座 All Rights Reserved.