東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


秀作映画
エルミタージュ美術館 美を守る宮殿 <公式HP>
7月22日(土)~8月4日(金)
◆7/22~7/28→12:30/18:30
◆7/29~8/4→13:50



作品情報
製作年度:2014年 | 製作国:イギリス | 英語・ロシア語 | 上映時間:1時間23分
監督・脚本・製作:マージー・キンモンス
出演:ミハイル・ピオトロフスキー館長、彫刻家アントニー・コームリー、建築家レム・コールハース、 俳優トム・コンティ(声の出演)ほか

ストーリー
 ロシアが世界に誇るエルミタージュ美術館の伝説をまとった扉がここに開けられる。

フランスのルーヴル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館とともに世界三大美術館として知られる世界最古のエルミタージュ美術館は、その規模だけでなく、絵画、彫像、宝飾品、陶磁器、武具など所蔵品の数も世界一と言われる。300万点の至宝に2000の部屋、他のどこより多くの学芸員を配し、年間366万人以上の入場者が訪れるロシアの宝庫をひも解くのは、ドキュメンタリー監督として数々の名誉ある映画賞を受賞してきた女性監督マージー・キンモンス。館長ミハイル・ピオトロフスキーをナビゲーターに、美術館の隅々まで映し出し、ロシアに行かなくても鮮明で高品質な画像で、その全貌を堪能できる。

創立者、女帝エカテリーナ二世の宝石をはじめ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ピカソ、スキタイの黄金…世界最高峰の麗しきコレクションを、戦争、侵略、疎開と、ロシアの歴史に翻弄されながら守り抜いた人々の、命がけの努力……。美術館を愛する学芸員や建築家、彫刻家たちが語る美術館への熱い思いも支柱になった、壮大な叙事詩のようなドキュメンタリー。








秀作映画
人生フルーツ <公式HP>
7月8日(土)~8月11日(金)
◆7/8~7/14→10:00/13:50
◆7/15~7/21→12:30/16:15
◆7/22~7/28→14:20/16:15
◆7/29~8/4→10:00/15:40
◆8/5~8/11→10:00/13:50/19:00



作品情報
製作年度:2016年 | 製作国:日本 | 日本語 上映時間:1時間31分
製作・配給:東海テレビ放送
監督:伏原健之
出演:津端修一、津端英子ほか
ナレーション:樹木希林

ストーリー
 建築家、津端修一さん90歳、妻、英子さん87歳。雑木林を残した愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンに、家を建て、庭を造り、畑を耕し、心豊かに暮す老夫婦の記録。

 1975年、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、師と仰ぐアントニン・レーモンドの自宅に倣って家を建てた津端修一さんは、料理好きな妻、英子さんと家庭菜園に勤しみ、四季折々の草木や野菜、鳥たちを愛でながら暮している。
2人の出会い、結婚、高蔵寺ニュータウンへの移住、台湾での出版披露、修一さんに舞い込んだ新しい仕事。そして避けられない現実。
朝から晩まで、楽しそうに会話し、野菜を育て料理を作り、雑木林の落ち葉を集めて土に返し…互いに”さん”づけで呼び合い笑い合う、穏やかな日々。その繰り返しにわたちたちは、心洗われ、人生の意義を見出し、生きる姿勢の理想を見る。
なんと清々しいドキュメンタリーだろう。











上映予告
7/29(土)~8/18(金) 8/12(土)~9/1(金) 8/19(土)~9/8(金)

ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

メットガラ ドレスをまとった美術館

ザ・ダンサー
9/9(土)~ 9/9~9/29 9/30~10/13

ローマ法王になる日まで

オリーブの樹は呼んでいる

残像
日程調整中 9/30~10/13 10/14~11/3

素敵な遺産相続

ハロルドとリリアン

ギフト 僕がきみに残せるもの





Copyright©2012-2017 東座 All Rights Reserved.