東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


秀作映画
ウスケボーイズ <公式HP>
10月20日(土)~11月23日(金)
◆10/20〜10/26→12:15/18:40
◆10/27,10/29〜11/9→10:00/14:15
◆10/28→10:00/13:15 ☆12:00より城戸亜紀人氏のトークショウ
◆11/3→14:15の回が終了後、柿崎ゆうじ監督および出演者の舞台挨拶があります。
◆11/10〜11/23→12:10/14:10/18:30



作品情報
☆マドリード国際映画祭最優秀作品賞☆
☆マドリード国際映画祭最優秀監督賞・主演男優賞・助演男優賞ノミネート☆

2018年製作/日本製作/日本語
上映時間:1時間52分
原作:河合香織「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」
監督:柿崎ゆうじ
出演:渡辺大、出合昌幸、内野謙太、竹島由夏、橋爪功ほか

ストーリー
 日本のワインを、世界レベルに引き上げたワインの神様「麻井宇介」の情熱と思想を受け継ぎ、研鑽を積み、世界に誇れるワイン造りに成功した3人の男たちの軌跡。
ノンフィクション作家、河合香織が書いた「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」が、満を持して映画化された。

 山梨大学大学院生の3人は、他の仲間と「ワイン友の会」を作り、月に一度集まっては世界のワインを飲み比べ、蘊蓄を語り合っていた。ある夜、ブラインドのテイスティングをしたところ、フランスワインより日本の「桔梗が原メルロー」の方が優れていること発見する。このワインを手がけたのは、メルシャンでウイスキーやワイン醸造を研究し、晩年はワインコンサルタントとして活躍してきた麻井宇介だ。彼らはこの日から、麻井宇介を師と仰ぎ、人まねではない、それまでの常識を覆すワイン造りに打ち込んでゆく。
だが、葡萄畑を育むのは並の苦労ではなかった。葡萄栽培に適した土地探しに始まり、風雨や霜、雹などの自然災害や病害との闘い、人手不足の問題など、大きな苦難が次々押し寄せる。彼らは、何度もくじけそうになりながら、麻井宇介の教えを思い出し、仲間の助言に救われ、ワイン造りへの情熱を奮い立たせて、コツコツと夢に向かう。

山梨にボーペイサージュを設立し「ワインは人がつくるものではなくて畑で生まれるもの」という理念のもと、ブドウの栽培からワインの製造、販売までを手がけてきた岡本英史に扮するのは渡辺大。
長野県の小布施ワイナリー4代目オーナーで「ウスケボーイズ」の命名者でもある曾我彰彦には内野謙太、最も手に入らない幻のワインと呼ばれる「城戸ワイン」の、城戸亜紀人を演ずるのは出合正幸。
それぞれ役名を少しずつ変えて登場する。











上映予告
11/24(土)~12/7(金) 11/24(土)~12/7(金) 12/8(土)~12/21(金)

英国総督 最後の家

最初で最後のキス

妻の愛、娘の時
12/8(土)~12/28(金) 12/22(土)~1/11(金) 12/28(金)~1/18(金)

オーケストラ・クラス

アラン・デュカス 宮廷のレストラン

1987 ある闘いの真実
1/12(土)~1/25(金)

いろとりどりの親子





Copyright©2012-2018 東座 All Rights Reserved.