東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


秀作映画
ハワーズ・エンド (4Kデジタル・リマスター版) <公式HP>
10月26日(土)~11月8日(金)
◆10/26~11/1→10:00/14:35
◆11/2~11/8→12:00/18:30



作品情報
☆第65回アカデミー賞(1993年)
☆第50回ゴールデングローブ賞(1993年)
☆第45回カンヌ国際映画祭(1992年)

1992年イギリス・日本製作/英語
上映時間:2時間23分
原作:エドワード・モーガン・フォースター「ハワーズ・エンド」
監督:ジェームズ・アイヴォリー
出演:アンソニー・ホプキンス、ヴァネッサ・レッドグレープ、ヘレナ・ボナム=カーター、エマ・トンプソンほか

ストーリー
 20世紀初頭のロンドン。知的な中産階級シュレーゲル家の長女マーガレットは、向かいに引っ越して来た現実派の実業家一家・ウィルコックス家のルース夫人と親しくなる。何度か行き来するうち、2人は友情を育むが、間も無くルースは病で死んでしまう。その遺言状には「マーガレットに田舎の別荘ハワーズ・エンドを遺す」と書かれていた。しかしルースの息子と娘は猛反対。夫のヘンリーも彼らの意見に勝てず遺言は焼かれてしまう。
やがて、ヘンリーはマーガレットの優しさと賢さに惹かれてプロポーズし、マーガレットはウィルコックス家の一員になる。
一方、マーガレットの妹ヘレンは、友人のレナードが、わがままで嫉妬深い妻を抱えて薄給の仕事に就いているのを心配し、ヘンリーに相談する。するとヘンリーは「今の会社は倒産の危機にある、転職した方が良い」と助言。ヘレンはヘンリーを信用し、レナードはすぐさま転職に踏み切る。ところが、それはヘンリーの根拠のない憶測で、レナードは転職先からもクビを言い渡され職にあぶれてしまう。怒ったヘレンはウィルコックス家に乗り込むが、ヘンリーにはぐらかされた挙句、邪魔者扱いされる。さらにレナードの妻が、過去にヘンリーの愛人だったことが判明し、ヘレンは混乱する。

冷静で知的な姉と、感情が激しく行動力のある妹は、気遣い合いながらも、全く別の人生を選ぶ。イギリスの閉塞的な階級社会を背景に、ハワーズ・エンド邸が持つスピリチュアルな力を信じたルースと、彼女の意思を受け継いだマーガレット。彼女の選択は正しかったのか、理想の幸せは訪れるのか。現実を受け入れ、たくましく生きる女たちを、息をのむほど美しいイギリスの田園風景とともに描く。








秀作映画
今さら言えない小さな秘密 <公式HP>
10月26日(土)~11月8日(金)
◆10/26~11/1→12:45/18:30
◆11/2~11/8→10:00/15:00



作品情報
◎文部科学省特別選定(青年、成人向き)
☆2018年チューリッヒ映画祭観客賞(For kids)

2018年製作/フランス製作/フランス語
上映時間:1時間30分
原作・脚色協力:ジャン=ジャック・サンペ
脚本:ギヨーム・ローラン(「アメリ」「ロング・エンゲージメント」)
監督・脚色:ギヨーム・ゴドー
出演:ブノワ・ボールヴールド、エデゥアール・ベール、スザンヌ・クレマンほか

ストーリー
 南フランス・プロヴァンスの田舎の村。自転車店を営むラウル・タビュランは妻のマドレーヌと仲睦まじく暮らしていた。彼は自転車愛に溢れ、整備の腕は一流。人柄も良く、村ではみんなに好かれている。ところが彼には誰にも言えない秘密があった。
補助輪がないと自転車に乗れないのだ。
ある日、村に著名な写真家エルヴェがやってくる。彼は村の急斜面をタビュランが自転車で走り下りるショットを撮りたいという。困ったタビュランは、撮影を免れようと画策するのだが、うまくいかず、とうとう「その日」がやってくる。

陽を浴びた草の匂いが漂ってきそうな村の光景にホッとする。ラウルに扮したブノワ・ポールヴールドの、のほほんとしたキャラクターが背景に溶け込んで、体も心も暖かくなる。
善意と思いやりに満ちた人間関係に、ユーモアを散りばめた脚本は秀逸。

こんな村でこんな風に暮らしたい!と思わせる優しさいっぱいの傑作です。








秀作映画
家族にサルーテ! イスキア島は大騒動 <公式HP>
10月12日(土)~10月25日(金)
◆毎日12:45


作品情報
2018年イタリア製作/イタリア語
上映時間:1時間 47分
監督・脚本:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ステファノ・アコルシ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ステファニア・サンドレッリ、イヴァノ・マレスコッティほか

ストーリー
 ウィル・スミス主演の「幸せのちから」を監督しハリウッドでも活躍するガブリエレ・ムッチーノ監督最新作。

舞台は「太陽がいっぱい」の撮影地でも知られるイスキア島。
結婚生活50周年を祝うため、ピエトロとアルバ夫妻は、親戚一同19名をイスキア島に誘う。滅多に会えない一族は、再会を喜び合うが、天候不良でフェリーが欠航し、全員島に留まることに。平穏な時間も束の間、それまで隠していたこと、耐えてきたことが浮上し、それぞれの秘密が露わになっていく。
過去の恋にこだわるもの、アルツハイマーを自覚し始めたもの、資金繰りに悩むもの……
賑やかに繰り広げられる老若男女のファミリーの中に、観客は、きっと自分に近い人を見つけて共感を抱くだろう。

まばゆい光に照らされた紺碧の海と、鮮やかな緑の木々を背景に、イタリア映画らしい弾丸トークが炸裂。ベテラン演技陣たちが丁々発止と交わす会話に吹き出したり、ジーンと感動したり。感情を揺さぶられながら、爽快なテンポに乗って楽しめる群像喜劇。








秀作映画
ウスケボーイズ アンコール上映 <公式HP>
10月12日(土)~10月25日(金)
◆14:55/18:30
※10/21のみ→14:55/18:00



作品情報
2018年製作/日本製作/日本語
上映時間:1時間42分
原作:河合香織「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」
監督・製作:柿崎ゆうじ
出演: 渡辺大、出合正幸、内野謙太、竹島由夏、伊藤つかさ ほか

ストーリー
 桔梗ヶ原メルローを生んだワイン界の巨匠・麻井宇助の薫陶を受けた若者たちの実話に基づく。
劇中の城山は、今をときめく城戸ワインの城戸亜紀人さんがモデルです。

 「ワイン友の会」を作り、日夜ワインづくりの研究に勤しむ岡村、城山、伊藤、上村、高山は、日本のワインはフランスのワインにかなわないと思い込んでいたが、「桔梗ヶ原メルロー」に出合い、そのピュアな美味しさに愕然とする。
世界レベルの、このワインを作った麻井宇助に会い、様々なレクチャーを受けた彼らは、ワイン用のブドウ栽培に没頭してゆく。
自然災害や病害に見舞われながら、自分たちの信念を貫こうと奮闘する若者たち。
果たして彼らは日本のワインに革命を起こすことができるのか。








上映予告
10/26(土)〜11/8(金) 10/26(土)〜11/8(金) 11/9(土)〜11/22(金)

ハワーズエンド デジタルリマスター版

今さら言えない小さな秘密

トスカーナの幸せレシピ
11/9(土)〜11/22(金) 11/23(土)〜 11/23(土)〜

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

シークレット・スーパースター

ヒンディー ミディアム
12/7(土)〜12/20(金) 12/14(土)〜 12/21(土)〜

パドマーワト

ワイン・コーリング

人生、ただいま修行中





Copyright©2012-2019 東座 All Rights Reserved.