東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


料金の見直しをしました。
レディースデイ、メンズデイともに映画サービスデイと同様1,100円にしました。



秀作映画
フェルナンド・ポテロ豊満な人生 原題:BOTERO <公式HP>
7月2日(土)~7月15日(金)
◆7/2-7/8→10:00/13:50/18:30
◆7/9,11-7/15→12:20/15:40
※7/10(日)は14:15より童画家で美術講師の松森清昭先生の講演会
この日の映画は12:30/15:40 お電話でご予約ください。
タイトル「彼女は何を見つめ、なぜ美術史から拒絶されたのか」
ボテロと、7/16からの「見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界」のヒルマ・アフ・クリントを対比して解説していただきます。



作品情報
2018年製作/カナダ製作/英語・スペイン語
上映時間:1時間22分
監督・脚本・製作:ドン・ミラー
出演:フェルナンド・ボテロ、ファン・カルロス・ボテロ、リーナ・ボテロ、ペドロ・ボテロ・サンブラーノほか

ストーリー
 ふっくら、ふくよかな作風”ボテリズム”で知られるフェルナンド・ボテロの怒涛の人生を描いたドキュメンタリー。90歳の巨匠ボテロの素顔を、彼が生きてきた激動の時代とともに映し出す。
幼い頃、父を亡くし闘牛士の学校に通っていた彼は、スケッチも欠かさず描いて腕を磨いていた。
やがて対象物をふくよかに誇張して描くようになり美術館MoMaの「12歳のモナ・リザ」で脚光を浴びアート界の頂点に立つ。  しかしそれまで、コロンビア出身という出自で差別を受け、愛息を亡くし、利き手の一部を失い、精神的な打撃を受けて絶望感も味わっていた。
なぜボテロはふくよかな作風を選んだのか、何のために描き続けるのか……。彼が生きた時代背景を振り返り、娘や息子、パートナーの証言、本人の告白の中にそれは鮮明に浮かび上がる。








秀作映画
ナワリヌイ 原題:NAVALNY <公式HP>
6月25日(土)~7月8日(金)
緊急公開につきモーニング&レイトショウのみの上映です。
◆6/25〜7/1→8:00/20:30
◆7/2〜7/8→8:00/20:15
チケット料金は東座・秀作上映の規定に準じます。
(火曜日レディースデイ、木曜日メンズデイ、1日映画サービスデイ→1,100円)



作品情報
☆☆本年度サンダンス映画祭 観客賞・フェスティバル・フェイバリット賞W受賞☆☆

2022年製作/アメリカ製作/ロシア語、英語
上映時間:1時間38分
監督:ダニエル・ロアー
出演:アレクセイ・ナワリヌイ、ユリヤ・ナワリヌイ、マリア・ぺヴチク、クリスト・グロゼフほか

ストーリー
 ロシア政府の暗部
 2020年8月、シベリアからモスクワへ向かう旅客機が緊急着陸した。プーチン政権を批判し、反体制のカリスマとして知られるロシアの政治活動家アレクセイ・ナワリヌイが突然、瀕死の状態に陥ったのだ。一旦はモスクワの病院に入ったものの、プーチンの息がかかった医師たちは揃って彼の体内に残る毒物を否定。妻ユリヤは命がけで夫を助けると病院に乗り込み、ナワリヌイは這う這うの体でベルリンの病院に移送された。検査の結果判明したのは”ノビチョク”。ロシアの猛毒だった。ナワリヌイは自分の命を狙う者たちの正体を暴くべく、調査チームとともに組織と首謀核を追及してゆく。

 ロシア国内で戦争反対の意思を表明したメディアは次々活動停止に追い込まれ、政府に抗議の声をあげる市民は弾圧されている。カメラは、それでも身の危険を顧みず、ナワリヌイを支持し、抗議デモに参加する市民の姿を映し出す。
奇跡的に一命を取り留め、気力と基礎体力で回復してゆくナワリヌイ。やがて彼は堂々とプーチン政権に立ち向かおうとモスクワに帰る決意をする。

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって4ヶ月が過ぎた今も惨状は変わらないが、ロシア国内にも平和を望み、政権交代を切望する数多の国民がいるという事実を我々はこのドキュメンタリーで目の当たりにする。権威主義国家に真っ向から異議を唱え、殺されかけても正義の鉄拳で突き進む男の勇姿を、今こそ万人に観てほしい。
に切り込む緊迫のドキュメンタリー。








秀作映画
ワン・セカンド 永遠の24フレーム 原題: 一秒鐘 One Second <公式HP>
6月11日(土)~7月8日(金)
◆6/11-6/17→12:20/14:25
◆6/18-6/24→14:15/16:15
◆6/25-7/1→10:00/14:05/18:30
◆7/2-7/8→11:45/15:40



作品情報
2020年製作/中国製作/中国語
上映時間:1時間43分
監督・脚本:チャン・イーモウ
出演:チャン・イー、リウ・ハオツン、ファン・ウェイほか

ストーリー
 中国を代表する世界的な監督チャン・イーモウが、若かりし頃から映画化を熱望していた企画がようやく実を結んだ。

文化大革命真っ只中1969年の中国。造反派に刃向かった罪で投獄された男は、妻に離婚され娘にも会えなくなってしまった。数年後、脱走した男は広大な砂漠をひた走り、映画館のある街に向かう。娘が1秒だけ映っているというニュース映像を見るためだ。目当てのフィルム缶は22号だと知った男は、バイク運送の担当が休憩中に、缶を盗み出す。ところが突然、浮浪者のような身なりの女の子にフィルム缶を奪われる。翌日ようやく缶を取り戻した男が町にたどり着くと、映画館の前では大騒ぎになっていた。無責任な運搬係がぞんざいに扱ったために、この日、上映する予定の映画フィルムが全て缶から飛び出し泥んこの地面に放り出されてしまったのだ。数ヶ月に一度の映画鑑賞を何より楽しみにしていた人々は大きなためいきをつき、映写技師ファンにすがりつく。困ったファンは、総出でフィルムを洗浄するならと人々を誘導し、ステージの裏で根気のいる作業が始まった。
一方、脱走した男は、再び現れた女の子になぜフィルムが欲しいのか問い詰める。

貧しかったその昔、監督は貴重なフィルムが汚れたらどう洗い、どうすればはやく乾くのか、蒸留水はどこで手に入るのか、切磋琢磨しながら映画を撮っていたという。その体験がステージ裏でのフィルム洗浄シーンに生きている。

映画とともに暮らしてきた、すべての人に贈る映画愛があふれる作品。
東座創立100周年記念として選びました。








上映予告
7/2(土)~7/15(金) 7/9(土)~7/22(金) 7/16(土)~7/29(金)

フェルナンド・ポテロ豊満な人生

ストレイ犬が見た世界

見えるもの その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界
7/30(土)~8/12(金) 7/23(土)~ 8/6(土)~8/19(金)

潜水艦クルスクの生存者たち

FLEEフリー

ボイリング・ポイント|沸騰
8/13(土)~9/2(金) 8/20(土)~9/2(金) 9/3(土)~9/16(金)

アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台

オフィサー アンド スパイ

杜人
9/17(土)~9/23(金) 9/3(土)~9/16(金) 9/17(土)~

痛くない死に方

母へ捧げる僕たちのアリア

1640日の家族
9/24(土)~10/7(金) 10/8(土)~10/21(金) 10/22(土)~11/5(金)

不都合な理想の夫婦

ブラック・ボックス音声分析捜査

グロリアス世界を動かした女たち
順次上映

私だけ聴こえる
Copyright©2012-2022 東座 All Rights Reserved.