東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


料金の見直しをしました。
レディースデイ、メンズデイともに映画サービスデイと同様1,100円にしました。



秀作映画
親愛なる同志たちへ 英題:Dear Comrades! <公式HP>
5月21日(土)~6月3日(金)
◆5/21-5/27→14:35/18:30
◆5/28-6/3→12:00/14:30



作品情報
☆☆ヴェネチア国際映画祭 審査員特別賞☆☆
☆アカデミー賞 国際長編映画賞ロシア代表☆
☆☆シカゴ国際映画祭監督賞☆☆

2020年製作/ロシア製作/ロシア語/モノクロ
上映時間:2時間01分
監督・脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー(「暴走機関車」「映写技師は見ていた」)
出演:ユリヤ・ビソツカヤ、アンドレイ・グセフ、セルゲイ・アーリッシュほか

ストーリー
 ロシアを代表する映像作家アンドレイ・チャロフスキー84歳(父親は作家セルゲイ・ミハルコフ、弟は映画監督のニキータ・ミハルコフ)が、祖国への愛と憎悪を描き上げた最高傑作!

 1962年、ソビエト連邦南部の都市ノボチェルカッスク。フルシチョフ政権のもと物価は高騰し食料は不足して市民は生活に困窮していた。
第二次世界大戦時に看護師だったリューダは、熱心な愛国主義者の共産党員で、現在は市政委員会の生産部門で働いている。18歳になる娘をひとりで育て、老いた父親の面倒を見ているが、党の特権で贅沢品も入手でき生活には困らなかった。
そんな中、労働者たちは賃金カットや物価高騰に耐えきれず、大規模なストライキに踏み切った。モスクワのフルシチョフ政権はストの沈静化をはかるために高官を派遣するが、街の中心部に5,000人もの人々が集まり抗議は白熱、ロシア警察や軍はデモ隊や市民を狙って無差別に発砲し始める。群衆は逃げ惑い混乱を極めるさなか、リューダは喧嘩して飛び出したままの娘の身を案ずる。銃撃の犠牲になってしまったかもしれない!と無我夢中で娘を探しながら、彼女は市政委員会や共産党の方針や隠蔽工作に疑問を持ち始める。KGBも介入する厳しい監視体制の下、血まなこで娘の足跡を追うリューダは、どこに辿り着くのか。

共産党員であり娘を愛する母でもあるリューダの揺れ動く心のさまを緻密に映し出し、政府と軍の威圧的な隠蔽体質をも暴いた問題作。体当たりでリューダを演じているベテラン女優、ユリヤ・ビソツカヤはコンチャロフスキー監督の妻でもある。








秀作映画
チェルノブイリ1986 原題: Kogda padali aisty <公式HP>
5月7日(土)~5月27日(金)
◆5/7-5/13→12:30/18:30
◆5/14-5/20→12:00/18:30
◆5/21-5/27→12:00



作品情報
2020年製作/ロシア製作/ロシア語
上映時間:2時間16分
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー(「裁かれるのは善人のみ」「ラブレス」)
監督:ダニーラ・コズロフスキー
脚本:アレクセイ・カザコフ、エレナ・イワノア
出演:ダニーラ・コズロフスキー、オクサナ・アキンシナ、フィリップ・アブデエフ、ニコライ・コザック、ラフシャナ・クルコワほか

はじめに
 1986年4月26日午前1時23分。ウクライナ/ソビエト連邦(現ウクライナ)プリピャチのチェルノブイリ(現チェルニヒウ)原子力発電所で爆発事故が発生した。
当時、ドキュメンタリー映画の監督だったプロデューサーのアレクサンドル・ロドニャンスキーは、事故の直後、現地に入り惨状を撮影し、その後3年をかけて取材を続けた。いずれ長編映画を製作しようと決意した彼のプロジェクトが本格的に動き出したのは数年前だ。
本作の監督で製作と主演も務めるダニーラ・コズロフスキーはロシア人だが、彼はインスタグラムで「戦争反対」の意を表明し、ウクライナ人であるアレクサンドル・ロドニャンスキーは、ロシア当局より、好ましからざる人物と認定され、彼がプロデュースした全作品がロシアでの公開禁止処分を受けた。製作スタッフは一丸となって平和を願い、日本の配給会社は、本作の収益の一部をユニセフなどの人道支援団体に寄付することを発表している。

ストーリー
 1986年、消防士のアレクセイは、10年前に別れた恋人オリガと再会し、彼女が自分の子どもを1人で育てていることを知る。それまで勝手気ままに生きてきたアレクセイは、自分と同じ名前をつけられた息子とオリガの3人で、キーウに移住し新しい生活を始めたいと異動願いを出す。彼の送別会が行われた翌朝、爆発事故が発生した。
 現場に駆けつけたアレクセイは、アスファルトまで燃えていく発電所で、仲間の消防士たちが阿鼻叫喚の苦しみに喘いでいるのを目撃し、火の中に飛び込む。
病院で手当を受けた彼は事故対策本部に呼ばれ、地下の貯水タンクの排水弁を手動で開ける任務を打診される。爆発した4号炉から溶け出した核燃料が貯水タンクに達すると水蒸気爆発が起こりヨーロッパ全土が汚染されるというのだ。
極めて危険な仕事だが、成功すれば、多額の報奨金の他にスイスの放射線専門病院で優先的に治療が受けられ、モスクワに住居も用意されるという。アレクセイは一旦は辞退するが、息子が被爆していることを知り、自分の代わりに息子をスイスの病院に送るならと交渉する。








上映予告
5/28(土)~6/3(金) (1週間上映) 6/4(土)~6/10(金) (1週間上映) 6/4(土)~6/17(金)

勝手にしやがれ 4Kレストア版

気狂いピエロ 2Kレストア版

ニトラム
6/11(土)~ 6/18(土)~7/1(金) 7/2(土)~7/15(金)

ワン・セカンド 永遠の24フレーム

ふたつの部屋 ふたりの暮らし

フェルナンド・ポテロ豊満な人生
7/9(土)~7/22(金) 7/16(土)~7/29(金) 7/30(土)~8/12(金)

ストレイ犬が見た世界

見えるもの その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界

潜水艦クルスクの生存者たち
7/23(土)~ 8/6(土)~8/19(金) 8/13(土)~9/2(金)

FLEEフリー

ボイリング・ポイント|沸騰

アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台
8/20(土)~9/2(金) 順次上映 順次上映

オフィサー アンド スパイ

ブラック・ボックス音声分析捜査

グロリアス世界を動かした女たち
順次上映 順次上映 順次上映

不都合な理想の夫婦

私だけ聴こえる

母へ捧げる僕たちのアリア
Copyright©2012-2022 東座 All Rights Reserved.