東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


料金の見直しをしました。
レディースデイ、メンズデイともに映画サービスデイと同様1,100円にしました。



秀作映画
もったいないキッチン <公式HP>
10月31日(土)~11月13日(金)
◆期間中毎日 10:00/14:15/16:15
☆期間中毎日 塩尻市内のフレンチレストラン「ラ・メゾン・グルマンディーズ」で映画の中の料理を再現プラスαの「もったいないランチ」「もったいないディナー」を開催します。予約制です。



作品情報
2020年/日本製作/日本語、ドイツ語(ドイツ語は斎藤工が吹き替え)
上映時間:1時間35分
監督・脚本・出演:ダーヴィド・グロス
出演:ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、ほか

ストーリー
 オーストリア在住のドイツ人監督ダーヴィド・グロスは、食材救出人の異名を持ち、2015年にヨーロッパ5カ国をキッチンカーで回り、捨てられてしまう食材を美味しい料理に変身させるドキュメンタリー「0円キッチン」を発表した。
そのダーヴィドが、今度は食品ロスが問題になっている日本に渡り、東北から九州まで
「食」と「食材」を大切に生きている人々を取材して回る。さらにコンビニエンスストアや一般家庭を訪ね、次々に哀れ捨てられる運命の食材を救出。キッチンカーで調理して地元の人々にふるまう。
ネギ坊主を使う福島のフレンチシェフ、野草の天ぷらが自慢の京都のおばあちゃん、噴き出す温泉の蒸気を使って地獄料理を作る熊本の旅館の女将などなど、食を愛し食材を大切にする日本人とコミュニケーションを取りながら「もったいない精神」を説いてゆく。











秀作映画
コリー二事件 <公式HP>
10月24日(土)~11月13日(金)
◆10/24〜10/30→12:20/18:30
◆10/31〜11/13→11:55/18:30



作品情報
2019年製作/ドイツ製作/ドイツ語
上映時間:2時間3分
原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ原作「コリーニ事件」創元推理文庫刊
監督:マルコ・クロイツパイントナー
出演:エリアス・ムバレク、アレクサンドラ・マリア・ララ、ハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロほか

ストーリー
 ドイツが生んだ気鋭の推理作家フェルナンド・フォン・シーラッハの初めての長編小説が満を持して映画化された。
刑事事件の弁護士でもあるシーラッハは、経験を生かして次々ベストセラーを生み出しているが、「コリーニ事件」では、ナチスの高官だった祖父が犯した罪にも対峙し、国家を揺るがす内容で世界中から注目を浴びた。

 ベルリンの高級ホテルで大物実業家が惨殺された。コリーニと名乗る犯人は逃げもせず逮捕されるが、その動機を語ろうとしない。新米弁護士のライネンは国選弁護人に任命されるが、何も語ろうとしないコリーニを前に困惑する。さらに殺害された被害者は、ライネンが子どもの頃から面倒を見てもらった保護者のような男だ。ライネンは国選弁護人を降りようとするが、被害者の公訴参加代理人である大学の恩師に法廷に私情を持ち込むなと叱責され、引き受ける。しかし、コリーニは頑なに口を閉ざしたままだ。
コリーニが動機を語らなければ謀殺罪として終身刑も免れないが、殺害の理由によっては古刹罪として刑を軽減される可能性も高い。
遅々として調査が進まないある日、ライネンは殺害に使われた拳銃ワルサーP38(ドイツ国防軍の制式拳銃)を、子供の頃、被害者の自宅で見たことを思い出す。

コリーニに扮しているのは名優フランコ・ネロ。冒頭の登場からどっしりと威厳あるオーラを発し、無言の表情の奥に、計り知れない思惑を感じさせる。








秀作映画
パブリック 図書館の奇跡 <公式HP>
10月10日(土)~10月30日(金)
◆10/10〜10/16→12:00/16:15
◆10/17〜10/23→13:50/18:30
◆10/18は14:00〜17:00塩尻市立図書館にてパブリックについての座談会あり
◆10/24〜10/30→10:00/14:45



作品情報
2018年製作/アメリカ製作/英語
上映時間:1時間59分
製作・監督・脚本・主演:エミリオ・エステベス
出演:アレック・ボールドウィン、テイラー・シリング、クリスチャン・スレイターほか

ストーリー
 実際の新聞記事から着想を得て、俳優で監督のエミリオ・エステベスが11年の歳月をかけ脚本を書いて映画化した。

 極寒のオハイオ州シンシナティ。暖を取ろうと図書館の前には早朝からホームレスが列をなしていた。心優しい図書館員のスチュアートは、彼らにも寛容だ。
ますます気温が下がってきたその日の夕方、街の緊急シェルターが満杯になり、行き場を失くしたホームレスたちは、図書館のワンフロアに立てこもる。70人ものホームレスの苦境を理解したスチュアートは、ひと晩だけでも彼らにフロアを開放して欲しいと館長に直訴するが、「図書館はシェルターじゃない」と却下されてしまう。
まもなく通報を受けたシンシナティ市警から辣腕刑事がやってくる。とそこへ時期市長選挙に立候補した検察官もしゃしゃり出て、図書館の中は大混乱。外にはメディアも押し寄せ「人質は?」「銃乱射があったのか」と小さな立て篭もり騒動は大事件に発展し、周りの勝手な憶測から、スチュアートは凶悪犯の扱いを受ける。
やがて機動隊まで出動し、追い詰められたスチュアートとホームレスたちは、驚きの行動に出る。








上映予告
10/31(土)~11/13(金) 11/14(土)~12/4(金) 11/14(土)~11/27(金)

もったいないキッチン

WAR ウォー!!

ようこそ映画音響の世界へ
11/28(土)~12/11(金) 12/5(土)~1/8(土) 12/12(土)~12/25(金)

レイニー・デイ・イン・ニューヨーク

パバロッティ 太陽のテノール

マイルス・デイヴィス クールの誕生
1/2(土)~1/15(金) 1/9(土)~1/22(金) 1/16(土)~1/29(金)

100日間のシンプルライフ

ノッティングヒルの洋菓子店

トルーマン・カポーティ 真実のテープ
1/23(土)~2/5(金) 順次上映 順次上映

デッド・ドント・ダイ

聖なる犯罪者

また、あなたとブッククラブで





Copyright©2012-2020 東座 All Rights Reserved.