東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


秀作映画
ニューヨーク公共図書館 <公式HP>
8月10日(土)~8月30日(金)
各回とも途中5分間の休憩があります。
◆8/10〜8/16→10:00/18:30
◆8/17〜8/23(8/21を除く)→12:10
◆8/17は16:15より市内えんぱーく3階多目的ホールにて「Re:Public」を開催。図書館におけるパブリック(公共性)について意見交換をしていただきます。(参加費無料)
◆8/21→14:45
◆8/24〜8/30→12:10/16:00



作品情報
2016年アメリカ 製作/英語
上映時間:3時間25分
監督・製作・編集・音響:フレデリック・ワイズマン

ストーリー
 世界最大級の「知の殿堂」、ニューヨーク公共図書館の全貌を捉えたドキュメンタリー。

フレデリック・ワイズマンは、あえてナレーションをつけず余計な解説も入れず、ニューヨークが世界に誇る図書館の「仕事」を淡々と映し出す。著名な作家の講演に始まり、司書たちの電話応対、子どもたちの教育プログラム、就職支援プログラム、シニアのダンス教室、音楽家と、既存の図書館のイメージからかけ離れた取り組みには目を見張るばかりだ。幹部は図書館の公共性や財源、行政との繋がり方を頻繁に開かれる会議で議論し、ブロンクスをはじめ各分館や研究図書館では、誰もが知の向上を目指せるよう、講演や講義で地域住民を導く。図書館に通う多種多様な民族が、平等に学び情報を得て、より良い暮らしができるよう、ニューヨーク公共図書館は心を砕き常に進化している。
ワイズマン監督の根底にあるのは、図書館は「民主主義の柱」であるべきという公共性。
後半に進むに従って、図書館の生の姿とともにニューヨークの現実も見えてくる。








秀作映画
野球部員、演劇の舞台に立つ! <公式HP>
8月10日(土)~8月23日(金)
◆8/10〜8/16→13:50/16:00
◆8/17〜8/23(8/21を除く)→16:00/18:30
◆8/21→18:30



作品情報
2017年日本 製作/日本語

上映時間:1時間42分
原作:竹島由美子「野球部員、演劇の舞台に立つ!」(高文研刊)
監督:中山節夫
出演: 渡辺佑太朗、林遣都、宇梶剛士、宮崎美子ほか

ストーリー
 甲子園出場を期待されていた八女北高校野球部は、エースピッチャーのジュンの活躍も虚しく県大会予選一回戦で負けてしまう。
敗北の原因をめぐり、チーム内がギクシャクする中、野球部の監督は、演劇部顧問の三上先生から野球部員の数名を助っ人に欲しいと頼まれる。「野球だけの人間になるな」と檄を飛ばす監督の命令で、敗因を作ったファーストのカズマとじゅん、キャッチャーでキャプテンのリョータが、演劇の舞台に立つことに。戸惑う男子を尻目に、役を奪われた演劇部の女子たちは面白くない。舞台監督は演劇部のOB田川。不協和音が鳴り響く稽古場で、田川の統率力が発揮され、少しずつ舞台の準備ができてゆくが……。

福岡県八女市の広大な茶畑を舞台に、高校生たちのリアルな会話が飛び交い、痛みと喜びが交錯しながら清々しく展開してゆく青春賛歌。








上映予告
8/31(土)〜9/13(金) 8/31(土)〜9/20(金) 9/14(土)〜9/27(金)

Be with you 〜いま、会いにゆきます

存在のない子供たち

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢
9/21(土)〜10/11(金) 10/12(土)〜10/25(金) 10/12(土)〜10/25(金)

さらば愛しきアウトロー

ウスケボーイズ アンコール上映

家族にサルーテ
10/26(土)〜11/08(金)

ハワーズエンド デジタルリマスター版





Copyright©2012-2019 東座 All Rights Reserved.