東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


料金の見直しをしました。
レディースデイ、メンズデイともに映画サービスデイと同様1,100円にしました。



秀作映画
山中静夫氏の尊厳死 <公式HP>
6月27日(土)~7月17日(金)
◆6/27〜7/10(7/5を除く)→11:40/18:30
◆7/5→12:00/16:00 14:10より緩和ケア専門医・平方眞先生の講演会(予約制)
◆7/11〜7/17→11:50/15:40



作品情報
2019年製作/日本製作/日本語
上映時間:1時間47分
原作:南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」文春文庫 刊
監督・脚本:村橋明郎
出演:中村梅雀、津田寛治、田中美里、中西良太、浅田美代子ほか

ストーリー
 佐久市の病院を訪れた山中静夫は、自分は肺がんだと告げ、医師の今井に「浅間山が見える病室に入院したい」と申し出る。山中の住まいは静岡県で、妻も静岡の病院で治療をと望むが、彼は生まれ育った故郷で死にたいと訴え、根負けした今井は望む病室を用意する。翌日から山中は、外出許可をもらい、ひとりどこかへ出かけては夕方戻るという奇妙な行動に出た。実は山のふもとにある両親と兄の墓の隣に、自分が眠る墓を作っていたのだ。それを知った今井は、できる限りのケアをしようと手当てを施すが、山中の体は日に

医師で作家の南木佳士が1993年に出版した小説に感銘を受けた村橋明郎監督が、じっくり温めて映画化した。その間、監督は自身の父を失くし、死生観を熟考して脚本を書いた。主演の中村梅雀も父、四代目中村梅之助の死に方を振り返り、尊厳死について考えたという。彼の飄々としたキャラクターが、ともすれば沈みがちな場面を明るく照らし、観客は「幸福な死」への安らぎを覚える。原作自体、南木佳士の体験によるエピソードを盛り込んだ内容ゆえに、きれいごとではないリアリティと説得力があり、多くの観客が山中と今井の言動に共感し、爽やかな後味に満足するに違いない。佐久市を中心にしたロケーションも息を飲む美しさ。信州が誇る名作がまた一つ誕生した。











秀作映画
世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男ホセ・ムヒカ <公式HP>
6月27日(土)~7月17日(金)
◆6/27〜7/10(7/5を除く)→10:00/13:50
◆7/5→10:00/18:30
◆7/11〜7/17→14:00/18:30



作品情報
2018年製作/アルゼンチン・ウルグアイ・セルビア製作/スペイン語
上映時間:1時間14分
監督:エミール・クストリッツァ
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー、エレウテリオ・フェルナンデス=ウイドブロ、マウリシオ・ロセンコフほか

ストーリー
 国民の幸せを願い、給料の9割を貧しい人々に寄付し、自ら耕耘機を操作して農業に勤しんだ大統領、ホセ・ムヒカの生活と人となりを、鬼才エミール・クストリッツァが年月をかけて撮りあげたドキュメンタリー。

 監督は「世界中で彼だけが腐敗していない大統領だ」と直感し、2014年から撮影を開始。
大統領としての任期を満了するまで、その生活と心情、過去の記憶をカメラに収めた。

「大多数に選ばれし者は、上流階級のようにではなく、大多数と同じように暮らさなければならない」とホセ・ムヒカは語る。その生涯は、驚くほど過激だ。軍事政権下のウルグアイで極左のゲリラとして戦い、誘拐や銀行強盗の罪も犯し拘留生活も経験した。その服役中に多くを学び、農業大臣から第40代ウルグアイ大統領にまで上り詰めたのだ。彼を支え妻ルシアとの出会いとルシア自身にもスポットを当てる。

民衆から愛され、任期が終わってからも慕われ続けているムヒカ氏が語る言葉とその人生を世界中の人々に知ってほしいと願う。








上映予告
7/18(土)~7/31(金) 7/18(土)~7/31(金) 8/1(土)~8/21(金)

みとりし

アンティークの祝祭

マシュー・ボーンIN CINEMA ロミオとジュリエット
8/1(土)~8/21(金) 8/22(土)~9/4(金) 8/22(土)~9/4(金)

ハニーランド永遠の谷

サイゴン・クチュール

ソン・ランの響き
順次上映

チア・アップ!





Copyright©2012-2020 東座 All Rights Reserved.